プロフィール

売れる流れ実践会

会長:小宮 勇人(こみや ゆうと)


明治大学理工学部建築学科を卒業後、10年にわたり建築の現場監督を務める。

延べ5,000人以上の個性的な職人さんを統率してきた経験を活かし、人材育成の専門家、セミナー講師として独立。

独立後1年で売上高400億円規模の企業研修や、日本一のセミナー講師箱田忠昭氏とのジョイントセミナーを成功させ、日々個人事業主のための集客・営業コンサルタントとして活躍中。


一般社団法人日本コンプライアンス推進協会 公認コンサルタント・公認講師

全米NLP協会公認 マスタープラクティショナー

MASTERING PRESENTATION (BASICS&ADVANCED LEVEL)修了

日本メンタルヘルス基礎心理学修了

◆ 小学生の時の僕の夢


30年前のマル秘文章公開!!(笑)

 

昨年(2015年)の夏ぐらいですかね、緑の封筒が届きました。

 

そこにはなんと、小学校4年生の時に書いた夢の作文が。


  

そこで、こんなことを思い出しました。

 

今も活躍しているトッププレーヤーの小学校の卒業文集はご存知ですか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「僕の夢」(イチロー)

 

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。

活躍できるようになるには、練習が必要です。

ぼくは、その練習にはじしんがあります。

ぼくは3才の時から練習を始めています。

3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。


だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。

そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。

そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。

そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「将来の夢」(本田圭佑)

 

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。

今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。

一年間の給料は40億円はほしいです。

 

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「将来の自分」(石川遼)

 

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。

三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。

四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。

六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。

八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

 

これを目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

 

みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば…」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

 

来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。今は優勝とか関係ありません。中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。その試合で世界から注目される選手になりたいです。

 

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

 

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

(参照:http://matome.naver.jp/odai/2137061759032983301

 

 

「30年後のぼく」(小宮勇人)

 

しょうらいは、ゲームセンターのおじさん・・・。

 

 

 

ゲームセンターのおじさんかぁ~。

 

もう爆笑です。

 

ただここで注目したいのは、何を夢にしているかではなく

 

世界で活躍する人たちは、想いが強く、明確な言葉を用いているなぁと思いました。

 

 

 

私の場合は、

 

 

・たぶん、

・~かもしれない

・なっていたら、

・くればいいな。

・なれるかな。

 

 

まったく~、そんな言葉使いじゃなれん!!と言いたい。(笑)

 

おかげさまで、ゲームセンターのおじさんにはなっていませんが。

 

教育者としてはいいネタゲットですよ。

 

セミナーネタとして今後使えそうです。