コーチという肩書を辞めた理由

コーチングスキルを活かし

更に売れるコンサルタントになる!!


【自信チャージで今日もチャレンジ】



私はコーチングによって人生が変わった。



だからコーチングを使って世の中で苦しんでいる方を

救っていきたいと思い

ビジネス・コーチとして独立しました。



そしてより売り上げをアップさせるために

経営者にアプローチしたいと思い

肩書をエグゼクティブ・コーチとしました。


なんとなくのカッコよさもあったり

私の人生に大きなインパクトを与えてくれた方が

エグゼクティブ・コーチだったというのもありました。


そんな理由で

「エグゼクティブ・コーチ」という肩書をつけ約3年

その肩書で活動したんですがやめました。



理由はズバリ「売れない」からです。(笑)



もちろん世の中には

「エグゼクティブ・コーチ」「ビジネス・コーチ」として

活躍されている方もいらっしゃると思いますが

私の周りではほとんどいなくなりました。



肩書だけで大きく変わるの?

と思う方もいると思いますが


肩書を言って

その肩書の説明をしなきゃいけないものって

肩書本来の意味をなしていないではないか

と思うようになったんです。



例えば


「裁判」といえば「弁護士」

「確定申告」といえば「税理士」

「そろそろマイホーム持ちたいなぁ」といえば「建築士」


そして


「弁護士」といったら「○○」

「税理士」といったら「○○」

「建築士」といったら「○○」


というように

人それぞれ違うにしろ

恐らく「○○」のイメージはつくと思うんですよね。



では


「エグゼクティブ・コーチ」といったら「●●」

「ビジネス・コーチ」といったら「●●」


正直「●●」がイメージしづらい。



それに最近は「ビジネス・コーチ」といったら

「怪しい」と思う方も増えてきている話を聞きます。



もちろん

コーチを知らないからって思う人もいると思いますが

ではあなたのターゲットはコーチを知っている方ですか?


恐らく

コーチを知らないで困っている方に

届けたいと思っていませんか?


私がコーチという肩書を辞めた理由の一つとしては

「わかりづらい」ということです。



ということでストレートに


「集客・営業コンサルタント」


としました。



「わかりやすや」や「○○」といったら「●●」は

集客のためにとても大事な考えなので

必ず押さえてくださいね。



よっしゃー!!

今日もチャレンジ (^o^)/

更に素敵な1日を

 


※ ビジネス・コーチのための集客&営業スキルと

  売れるメンタルについて投稿してます。



0コメント

  • 1000 / 1000

売れる流れ実践会

コーチングスキルを活かして、売れるコンサルタントになるためのサイトです。 コーチングスキルを身に付け、コーチとして独立しても、残念ながら売れていきません。 それは、集客、営業というビジネスで絶対に必要なスキルがないからです。 私の成功や失敗を含めての実体験をアップしてきますので、是非あなたのビジネスのお役に立ててくださいね。